toggle
2016-10-17

人の目が気になるんです

「人の目が気になって
やりたいことができない」

そんなお悩み相談を受けることがあります。

私は人の目が気になって
やりたいことをやらないということは
ほとんどありません。

あったらきっと、
音痴なのにジャズを歌ったり
42歳の誕生日にヌード写真を公開したりしません。

なぜ、気にならないかというと・・・

人は自分が思うほど
自分のことを見ていない
ということを知っているからです。

それにはこんなエピソードがあります。

21歳まで私の顔には
大きなホクロがありました。

口の右下あたりに
ちょうど鉛筆の太さくらい、
直径8ミリくらいでしょうか。

ホクロは小さな頃からあって
コンプレックスになることを心配した両親は

「たみちゃんの目印だから大事にしてね」
といって育ててくれました。

その言葉を素直に受け取った私は
ホクロへのコンプレックスは一切なく
「自分であることの大事な印」と捉えていました。

しかし、一人暮らしをしていた21歳の頃
ホクロに痒みが出て炎症を起こし
悪性化する可能性も心配されるため
20針以上も縫う手術で取りました。

私にとっては人生初の手術。
病院選びも、手術当日も
たった一人だったので、不安でいっぱい。

自分のシンボルでもあるホクロとお別れし
寂しくもあり、放心状態でした。

術後も傷口が開かないように
笑うことも大口で食べることもできず、
自分にとんでもないことが起きたような
人生最大の出来事でした。

しかし・・・

傷が目立たなくなってから
会った友達は
私の大切なホクロがなくなったことに
誰一人気づかないのです!!

何より驚いたのは
実家に帰った時
あんなに私のホクロを大切に思ってくれていた
両親すらも気がつかなかったってこと!!

このホクロの一件で
私は学んだのであります。

人は自分が思うほど
自分のことを見ていない

「人の目が気になって
やりたいことができない」

大丈夫です!

誰も気にしていませんから!
一番気にしているのは自分です。

自分のことを一番気にして
一番見ているのは自分なんです。

自分以上に自分を監視している人は
この世の中に誰一人いませんから。

だったら、人の目を気にして
本当にやりたいことをやらないなんて
馬鹿げていると思いませんか。

自分の本音を見つけて
人生、もうひと花咲かせたい!

そう思ったら、まずは
「ミツケル・カフェ」でお待ちしています。

10月28日、11月14日は
おかげさまで満席となりました。

19日(土)はまだお席あります。

img_7246

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA