toggle
2017-01-08

本当のこと、本当の思い

冬休みが終わったと思ったら3連休。いかがおすごしですか。

私は8歳と3歳の男子パワーにやられ、ここ数日ほとんど寝ていました(笑)

ぐっすり寝ている間にたくさんの夢をみて、そして、どうしてもお伝えしたいという衝動で、真昼間からメルマガを書いています。

実は、9年前、長男を妊娠したためにアナウンサーの仕事を一旦辞めたということになっていまが、本当は、違います。

突然、今アナウンサーの仕事をやっている場合ではない!という衝動に従い、やめることを決意したのです。各番組のディレクターにどう説明したらいのか戸惑いながらも、アボを取っていました。しかし、各番組ディレクターに会う直前に妊娠がわかったのです。

ですから、結果として「妊娠、出産で番組降板、おめでとう!」ということになりました。
面倒だし、どっちでもいいことなのでとくに説明はしたことがありません。

しかし、本当は、何かに動かされるようにして辞めたのです。

とくにやることもないまま仕事を辞めてしまったので、時間を持て余してしまった私はそれから2年ほど育児サークルに出席することや文化センターで開催されている講座通いが社会との接点という日々をすごしていました。

それはそれで、楽しかったし、いい経験でした。

そんな日々の中、かねてから気になっていた片付けを勉強し、モノを手放していく過程で起こるさまざまな不思議と、心と環境の変化をブログで綴ることにしたのです。

そこに、何の目的も意図もなかった。7年前に始めた当時のブログはこれです。
http://tamicocoro.jugem.jp
一番最初の投稿2010.3.8にはこう締めくくられています。

===

あ、そうそう心機一転、原田多美子改め今後は「tamico」で活動していきます。アナウンサーとしではなく違う形でお会いできる日があるかもしれませんよ。九州のみなさん。

===

なんでもすぐに飽きてしまう私にしては珍しく、片付けは続きました。どうしてかというと・・・

片付けている時にさまざまなメッセージがクリアに降ってきて(湧いてきて)子供の頃から不思議に感じていたことについて一つ一つの謎が解けていくような実感があったからです。

自分の思考では思いつかない言葉や映像が浮かぶという現象が続きました。
(いや、正確には、頻度は減りましたが今も続いています)

育児ストレスで頭がおかしくなってしまったのではないかと、不安になりスピ系の本を読んだり心理学を学んだりしました。

そうこうしている中で、今も忘れることができないメッセージがあります。

それは
「ちからをかして欲しい」
「時間がない」というメッセージが
ドン!!と入ってきた時です。

それを感じた時、涙がとまりませんでした。
誰からのメッセージかというと

地球からです。

なぜ、私が!?どうやって!?という思いに反応するかのように

「波動を上げること」

「一人一人の波動を上げるが
地球全体の波動を上げることになる」

という返事。

波動を上げるとは抽象的ですが、なぜかその時の私はすごく納得していたのです。
言葉にすると『それぞれが、自分を生きること』と聞きなれた言葉になるのがもどかしいのですが、そういうことなのです。

そのためにはまず、不要なモノを手放すというアプローチがある。だから、私は片付けを通して
「不要なモノを手放すことであなたが大切にしたいモノは何か」を伝え続けました。セミナーのワークはすべてこういったひらめきを元につくったものです。(ミツケル・カフェのワークも)

そして今は「自分らしく生きる」を才能プロファイリングを取り入れたミツケル・インタビューでサポートしています。

だけど、時間がない!!急がなければ!!
というメッセージが最近強く感じられるようになり、遠回しではなくこのようなメッセージをダイレクトに書いてみました。

どうして時間がないのか、なぜ、急がなければいけないのかそれはわかりません。
でも、こうやって発信せずにいられない気持ちを抑えきれず、メッセージしました。

私が主催するすべての講座、イベントの根底にある思いでした。長文を読んでいただきありがとうございます。

もしあなたが、最後まで読んでいただけたのなら、同じ使命を持った仲間なのかもしれません。
ベストなタイミングでお会いできるのを楽しみにしています。


1月27日は今年最初のホールイベント

新春!才能・ミツケタ祭り!
http://www.reservestock.jp/events/162741

尊敬する北端康良氏の特別新春トーク
『2017年自分の人生をはじめよう』は必聴です!!


退屈な毎日が輝き出す「たみちゃんねる」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA